事故車の査定

事故車の査定について

事故車でも査定を行えば、意外な査定価格がついたり、パーツによっては高額で売却することが出来るものもあるため、諦めて廃車にしたりせずに、一度無料査定を行なってみましょう。事故車とは単純に過去に事故を起こしたことがあるかという「事故歴」で決まるのではなく、過去に修理をしたことがあるかという「修理歴」があるものを指します。極端な話ですが、事故を起こしていても、基本骨格やフレームを一度も修理を行なっていなければ、修理歴ありとはなりません。

 

事故車の場合でも需要の高い車種などでは、高い評価の査定額を算出されることもあります。特に海外などで人気の車は、たとえ修理歴のあるものであっても需要はあり、修理などをして海外に輸出されるケースも多いのです。主に東南アジアやオセアニアなどでは、日本の事故車が修理されて、タクシーなどで活躍していることが少なくありません。

 

また最近は自動車の修理に中古部品を使うことが多くなり、そういったものに活用できるパーツに価値を見出す、いわゆる「部品とり」といわれる方法もあります。ブレーキパッドやベルトなどの安全に関わる部分では中古パーツは使用されていませんが、たとえばマフラーやタイヤなど中古部品でも十分価値のあるものであれば、利用されることも多く、せっかく使える部品があるにもかかわらず簡単に廃車にしてしまっては、もったいないケースも少なくはありません。自分の先入観だけであきらめたりせずに、一度査定を行なってみることが大切です。

 

車の査定